スタッフ~皆さんへpart12

紫斑について②

造血障害;血小板を始めとする血液の成分が上手く作れません

  • 急性白血病
  • MDS(骨髄異形成症候群)
  • 再生不良性貧血
  • 血球貧食症候群
  • SLE(全身性エリテマトーデス)などの膠原病
  • ウイルス感染症
  • ビタミン欠乏
    などがきっかけで生じます

何時の間にか出血斑(痣)が出来る
血が止まらない等の症状に対し
これらの病気の可能性はないか検査する事があります

薬剤性(副作用)

服用中の薬剤の影響によって、血小板の産生量が減少して
血が止まりにくくなる事もあります

当クリニックの院長は、血液内科の専門医です

この様な、痣が何時の間にか出来ていて気になるし
痛みも無く大丈夫かしら?という様な症状でもご受診頂ければ幸いです

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください