スタッフ~皆さんへPart32

        熱中症 の種類と症状について

日射病 → 炎天下で長時間直射日光を受け、大量の発汗で脱水症状になり、一時的に循環量 が不足し起こる

症状として、目眩・顔面蒼白・一過性の失神 等

熱痙攣 → 高温下での激しい労働や運動で大量の発汗が有り、塩分補給せず水分のみを摂っていると起こりやすい

症状として、筋肉に痛みを伴った痙攣 等

熱疲労 → 高温下での運動時に大量の発汗により起こる 脱水と共に体内に熱が籠もるのが原因 直ぐに医師の診断が必要になります

症状として、強い口の渇き・倦怠感・強い疲労感・頭痛・眩暈・高体温・興奮・昏睡 等

熱射病 → 熱疲労が重症化し以上に体温が上昇 発汗が止まり皮膚は乾燥 体内で血液が凝固して全身の臓器に障害が起こる 死に至る事もある危険な状態になる

症状として、40℃以上の高体温・発汗停止・頻脈・血圧上昇・中枢神経障害・多臓器不全・昏睡 等

色々な条件で起きる熱中症の怖さ、下記の様な時は注意!!

  • 狭い空間で気温・湿度が高い状態に置かれた時
  • 気温がそれほど高く無くても湿度の高い場合
  • 梅雨明けしたばかりの時
  • 休み明け、又は連日激しい運動を続けた時

乳幼児・高齢者・下痢・発熱している等体調不良の方・寝不足・疲労・肥満の方

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください